つばさの個別指導

つばさの個別指導

つばさ進学塾の個別指導の特長は3つあります。勉強が苦手な生徒にも、得意科目をますます伸ばしたい生徒にも対応できる個別指導を約束いたします。
あちらこちらにあふれている個別指導とはひと味違い、会員制の生徒のみなさんのことを「特別に」そして「真剣に」指導する本当の個別指導があります。

つばさは、個別指導の形態が選べます。

生徒のみなさんの学力や目標、そして個性に応じて3つの個別指導形態をご用意しました。講師がつきっきりで指導し、特別のさらに特別な指導をする1:1指導。自分のペースで学習しつつ、困ったときには講師がすぐに対応する1:3指導。そして、周囲の友達やライバルの意気込みを感じながら競争する環境で学ぶ1:6指導です。例えば、苦手な数学は1:1でじっくり、得意な英語は1:3できっちり学習することができます。これらの組み合わせは自由ですので、保護者様とお子さまの希望を聞きながらピッタリの個別指導形態をご提案いたします。

つばさは、わからないところは
「すぐに」教えます。

本来の勉強とは自分で考えることで力をつけていくものですが、わからないことを考え続けても時間ばかりが過ぎてしまい、やる気も減退してしまいます。つばさでは、自分で考えることは「次のステップ」ととらえ、まずは生徒のみなさんが「わかるまで丁寧に説明する」ことを重視します。わからない問題はすぐに先生へわからないと言えて、先生が丁寧に応えてくれる個別指導です。まずは基礎学力と学習習慣を定着させることに時間をかけます。

つばさは、先生がチームを組んで教えます。

1人の担当講師だけが指導するのではなく、授業中はまわりにいる他の講師も生徒のみなさんの様子を見ています。問題につまづいていたり、困っている様子が見られた場合は、他の講師が「大丈夫?」と声をかけ、丁寧に対応いたします。講師は全員女性なので、女子の気持ちがよくわかります。楽しく元気に勉強を進めてほしいという細やかな女性の気配りをもって、講師達がチームを組んで指導する個別指導です。

つばさは、生徒のみなさんへ「困難」を与えます。

つばさでは、教育理念である「困難に負けない自立できる女性をはぐくむ」に基づき、学力や目標に応じた課題を数多く出します。課題がない生徒はいません。学習習慣や基礎学力が定着するとともに、課題量や難しい問題などにも挑戦させていきます。時には「数学検定3級合格せよ」と高い壁を課することもあります。それらの困難を乗り越え、自信をつけて成長していく個別指導がつばさにはあります。

PAGE TOP